huluの解約方法について 実は月単位での解約が可能で手続きも簡単!

huluの登録は簡単にできるが、退会など手続きに関してはどうだろう?「行きはよいよい帰りは怖い」みたいなことにはなってないだろうか?ここではhuluの解約方法と注意点について説明してみようと思う。

 

hulu無料トライアルで見れる動画はこちら

 

動画配信サービスのhuluは、入会だけでなく退会の手続きもネット上で完結させることができます。生活環境の変化で視聴する時間がなくなったり、ほかのサービスに乗り換えるために解約する必要が生じたりしても、ネット上でだけで退会を済ませることができ、手間がかかりません。さらに一度退会したとしても、後から再入会することも可能なので、退会したいと思ったときすぐに手続きへ進むことができます。

 

また、無料お試しのトライアル中の退会も同様の手順で行うことになります。

 

hulu退会方法は

 

退会の申請は、アカウント情報の画面から送ることができます。申請を送る際、アンケートへの記入を求められますが、基本的に手続きは簡単に済ませることができます。もし運営への意見などがあれば、アンケートはそれを記入して伝えるチャンスです。

 

有料会員が退会手続きをした場合は、支払いが済んでいる月の末まで利用することができます。対して無料トライアル中の会員の退会は「即時解約」となり、手続きが完了した時点でアカウントが削除されます。

 

退会時の注意点

 

もともともが海外企業のサービスなせいか、画面上の選択肢がやや分かりにくいことがあります。解約するときは「登録をキャンセル」、解約手続きを途中で取り消すときは「解約をキャンセル」をそれぞれ選択してください。
また、手続き中は3回ほど確認のためにパスワードの入力を求められます。入力ミスに注意してください。

 

有料会員が「即時解約」する方法

 

有料会員がhuluの解約手続きを行った場合、翌月の契約更新でアカウントが削除されるという対応になります。この際、解約手続きを行って以降はアカウントの種類が「無料トライアル中」になります。そのため、ここでさらに「無料トライアル中」の会員同様に解約手続きを行うと、「無料トライアル中の会員が退会を行った」という扱い、つまり即時解約されることになります。もし本当に解約できたが不安な場合、この方法を利用するのもいいかもしれません。

 

再入会はいつでも可能!

 

視聴する時間がまた出来たり、どうしても見たい作品が配信されたりした場合、再入会がおすすめです。

 

再入会の場合、huluのサイト上にある「ログイン」から以前のアカウントの情報を入力して送信すれば、再契約の確認画面が表示され再契約(再入会)することができます。退会手続きよりも簡単な手続きで、再入会は完了です。

 

解約については簡単にできることがわかって頂けたでしょうか?ポイントは有料会員の場合は退会後も月末まで利用可能、無料会員の場合は即時解約という点です。この点をお忘れなく!

まずは2週間無料のお試しトライアルで確認を!

hulu無料トライアル申し込みページはこちら