最長12週間まで視聴しない間の課金を停止できる、huluのアカウントホールド機能

huluの魅力として、料金プランやネット視聴のしやすさの他に、アカウントホールド(休会)制度があります。気になったドラマや映画を見終わると見なくなってしまうケースが多いですが、huluの場合、視聴しない期間について課金を停止できるため、余計な出費がありません。

 

熱中するけど、飽きるのも早いという人に

 

1日あたりの費用がおよそ30円で、いつでもどこでも視聴可能であるhuluに対して、「たくさん視聴しないと損している」と感じる人は多いです。映画は常時1000本以上、ドラマは10000本以上あるとはいえ、興味のある番組が見当たらない時や、飽きを感じてしまう時があると思います。

 

実際のところ、週末にレンタルショップでまとめてレンタルするよりもお得になっているので、無理に視聴することなく、気になった作品を集中してみていくことがいいと思います。そうはいっても、仕事や体調など様々な都合により視聴できる状況にない場合もあると思うので、その際には、アカウントホールド(休会)を利用されることをお勧めします。

 

最長12週間までできるアカウントホールド

 

12週間(最長84日間)まで、huluのアカウントを休会することができます。休会中に別途の料金が請求されることはないので、アカウントホールドを活用し、視聴する余裕ができるまで時間を置いた上で、契約を続行するかどうかを判断することができます。ちなみに、ユーザー自身の判断で、アカウントホールドを解除したり、アカウントホールドからそのまま退会したりできるので、便利な制度であると思います。

 

huluでは、見飽きたから、忙しく都合がつかないからなど様々な理由でアカウントを一度止められるので、都合に合わせてアカウントホールドを設定したり、復帰や退会を判断したりできる点でお勧めです。huluを上手く活用して、映画やドラマを楽しんで下さい。

まずは2週間無料のお試しトライアルで確認を!

hulu無料トライアル申し込みページはこちら